Warning: include(../common/php/header.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/karuizawaweb/www/style.karuizawa.co.jp/public_html/month09/cottage02.php on line 11

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../common/php/header.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/karuizawaweb/www/style.karuizawa.co.jp/public_html/month09/cottage02.php on line 11

ホーム › 10月の特集

今月の特集 Feature of this month

別荘族×大好物

別荘族の大好物をご紹介します


浅野屋のパン

創業1933年。外交官などの外国人のための食料品店としてスタートした浅野屋。人気のパンの生地はふんわり・しっとりしていて一度食べたら病みつきに。軽井沢店にしかない石窯で焼くハード系パンは絶品で、別荘族の朝食には欠かせない。

浅野屋 軽井沢旧道店
TEL : 0267・42・2149


軽井沢高原ビール

国内外のコンペティションで賞を獲得している「軽井沢高原ビール」は、アロマの特徴を上手く引き出し、苦味と甘みが絶妙なバランスのエールビール。醸造所直送のビールは、味にうるさい別荘族の舌を魅了している。また、収益の一部を軽井沢の自然保護活動に寄付しているという。

株式会社ヤッホーブルーイング
TEL : 0267・66・1211


デリカテッセンのハム

地元民や別荘族に人気がある路地裏の名店。観光客のリピーターも多く、いつもにぎわっている。ハムは厳選した国産豚ロースを塩漬し、桜薪や楢薪の直火燻煙でじっくり仕上げた逸品。別荘族は、滞在期間中の朝食用や、夜のお酒のつまみ用として買い求めている。

軽井沢デリカテッセン
TEL : 0267・42・6427


柏倉製菓の花豆おこわ

花豆を炊き込んだ赤飯。食べ応えありありの大きな花豆は柔らかく、ほんのりとした甘みがたまらない。「とにかく良いもち米を使用することがすべて」と、硬すぎず、柔らかすぎず、甘みのあるご飯にこだわる。無性に食べたくなる名品だ。

柏倉製菓
TEL : 0267・42・4505


丸山珈琲のコーヒー豆

別荘族に愛され続けて20年。オーナーの丸山さんが産地から直接買い付けてくるスペシャルティコーヒーは、味も香りも一味違う。季節ごとに違うオリジナルブレンドや最高級品質のコーヒーが手頃な価格で買えるのもうれしい。軽井沢によく似合うコーヒーだ。

丸山珈琲 軽井沢本店
TEL : 0267・42・7655


高原野菜

一般的に標高1000m~1200mの高地で栽培される野菜が「高原野菜」。ここ軽井沢では、特にキャベツ、白菜、セロリ、レタスや豆類などが豊富に生産されている。昼夜の温度差、霧などによる湿気等により作物に甘味と柔らかさが生まれ、そのおいしさは格別なものに。

小林農園浅間サンライン直売店
TEL : 0267・24・1483


アトリエ・ド・フロマージュのチーズ

毎朝、地元牧場の牛乳でつくるアトリエ・ド・フロマージュの手作りチーズは、フレッシュタイプから熟成タイプまで常時10種類以上。ヨーロッパ仕込みの本場の味は、チーズやワイン好きの別荘族に愛され、普段使いはもちろん、パーティー等でも欠かせない一品だ。

アトリエ・ド・フロマージュ 軽井沢売店
TEL : 0267・42・7394


鳥勝の若鳥の丸焼き

創業して半世紀あまり、軽井沢では有名すぎる老舗中の老舗の「鳥勝」。塩コショウだけの味付で約1時間かけてじっくりローストしたチキンは、うまみが凝縮された、別荘族おなじみの味。観光客が、お土産に買い求めていくケースも増えているとか。

鳥勝
TEL : 0267・42・2602



Warning: include(../common/php/feature_backnumber.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/karuizawaweb/www/style.karuizawa.co.jp/public_html/month09/cottage02.php on line 161

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../common/php/feature_backnumber.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/karuizawaweb/www/style.karuizawa.co.jp/public_html/month09/cottage02.php on line 161

Warning: include(../common/php/banner.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/karuizawaweb/www/style.karuizawa.co.jp/public_html/month09/cottage02.php on line 171

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../common/php/banner.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/karuizawaweb/www/style.karuizawa.co.jp/public_html/month09/cottage02.php on line 171

Warning: include(../common/php/footer.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/karuizawaweb/www/style.karuizawa.co.jp/public_html/month09/cottage02.php on line 177

Warning: include() [function.include]: Failed opening '../common/php/footer.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/karuizawaweb/www/style.karuizawa.co.jp/public_html/month09/cottage02.php on line 177